Studio Knit
いらっしゃいませ。
ココはグラフィックデザイン事務所、スタジオ・ニットのメンバー達が日々を綴ったり、綴らなかったりしています。
スタジオ・ニットHP
Knit Member
Comment
Re: John
-- Ponte Perle 2007 (04/23)
John
-- Ponte Perle 2007 (04/23)
0
--  (04/22)
0
--  (04/20)
0
--  (04/20)
0
--  (04/18)
0
--  (04/18)
0
--  (04/17)
Re: casals
-- 何とかFIAT500が帰ってきました!! (04/12)
casals
-- 何とかFIAT500が帰ってきました!! (04/12)
Blog Page: 
2006/07/22
カテゴリ : 時計など 執筆者: John (8:54 pm)

















コレはヤフオクで入手したリューズなどのジャンク。
なぜこんなものを買ったのか?

それは以前、実家の隣に一人で住んでいた、遠い親類のおばあさんの形見の時計のリューズが磨耗しすぎて巻きにくくなっていたので、変えてみようと














その時計は「CONTINENTAL」とある。今は聞いたことがないブランドだけど、そのおばあちゃんの旦那さんの形見でもあり、20年ぶりくらいに僕が偶然発見したもの。製造から言えば40年ぐらい経っているという噂。

時計屋さんで、普段使えるようにオーバーホールしてもらう時、リューズもサービスで交換してくれようとしたけれど合う部品が無く駄目でした。
で、自分ですることにしました。





見てみると、このムーブメント、すごい!?(クリックで拡大します)
写真じゃ分かりにくいですが、通常同じ水平面にあるアンクルとガンギ車が、、、ずれてるんです!違う水平面の高さで重なり合っているんです。
アンクルの爪が無くてピンが出ていて、そのピンが上に重なっているガンギ車とかみ合っている。だから爪にも石(人工ルビー)が付いてない。
で、なんと石は天真受けの1つだけ、One jewelって書いてあります!
すごい、こんなムーブがあったんだ〜

まあ、すごいというのは珍しいって意味で、時計自体は低価格モデルだったようです。(でも当時は物価が違うからどうなのでしょう?)

と言いつつ作業をすすめ、竜頭を交換!




















・・・デカッ!!
ちょっと“ビッグクラウン”すぎるなぁ〜

こんだけ沢山のリューズがあっても、ネジ径が合うのはデカイのしかなかった・・・


で結局、元に戻しちゃいました。ちょっとでも楽にゼンマイを巻くため、ドライバーで回せるように溝を切ってます。

残ったリューズは、他に実家から拾ってきた、オーバーホールを待っている時計がいるので、それに使えるかな〜
Blog Page: 
Knit Blog内の検索
高度な検索
カテゴリ一覧
   雑記など
   映画など
   時計など
   Web系など
Calendar
«  «   2017/04  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着Link
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失